伊藤言の研究・教育活動について
2018/10/08 by Gen

[随時更新] スマホのESMデータとセンサーデータからいかに心を推定するか

経験サンプリング法とmobile sensingに関する書籍を執筆中なので,サーベイした最近の研究について備忘録としてメモをしていきます。

  • Place, S., Blanch-Hartigan, D., Rubin, C., Gorrostieta, C., Mead, C., Kane, J., Marx, B. P., Feast, J., Deckersbach, T., Pentland, A. S., Nierenberg, A., & Azarbayejani, A. (2017). Behavioral Indicators on a Mobile Sensing Platform Predict Clinically Validated Psychiatric Symptoms of Mood and Anxiety Disorders. Journal of Medical Internet Research, 19, e75.
    • スマホで測定したセンサーデータから抑うつとPTSDの症状を予測可能
    • 測定したセンサーデータは,以下のものの合成値:どれだけ電話をかけたか,テキストメッセージ数,移動距離,声の大きさの分散,会話の速度,声の質

 

  • Harari, G. M., Gosling, S. D., Wang, R., Chen, F., Chen, Z., & Campbell, A. T. (2017). Patterns of behavior change in students over an academic term: A preliminary study of activity and sociability behaviors using smartphone sensing methods. Computers in Human Behavior, 67, 129-138.
    • 48人の大学生をStudentLifeという作ったアプリで10週間追跡
    • 日々の活動量(加速度系センサーで測定)と社会性(マイクセンサーで測定)がどう変動するかを解明

 

  • Stachl, C., Hilbert, S., Au, J.-Q., Buschek, D., De Luca, A., Bischl, B., Hussmann, H., Bühner, M., & Wrzus, C. (2017). Personality Traits Predict Smartphone Usage. European Journal of Personality, 31, 701-722.
    • 137名が参加。90分間の尺度回答⇒60日間のmobile sensing。
    • 尺度で測定したパーソナリティ特性は,その後60日間のスマホの利用ログ(communication, photography, gaming, transportation and entertainment)を予測した。
      • 外向性が高い⇒電話頻度が多い・よく写真アプリを使う
      • 協調性が高い⇒交通系アプリの利用頻度が高い(自分から相手先に出向きやすい)
      • 誠実性が高い⇒ゲームアプリをあまり利用しない
      • 開放性と神経症傾向⇒結びつくスマホ使用履歴は特になし
  •   •   •   •   •
2018/09/22 by Gen

実践女子大学 2018年度(後期)社会心理学調査実習 授業用HP

[最終更新日:2018/10/09]

■連絡事項

・授業用の資料置き場(パスワード付き)

・不明な点、わからない点などは m@gento.net まで連絡してください。

 

■授業日程と講義関連資料

・2018/10/03:第1回 ガイダンス・「調査」とは何か・さまざまな調査技法 [初回調査] [リアクションペーパー]

・2018/10/10:第2回 サンプリング・HADを用いたデータ分析技術の習得 (1) 記述統計 [ 授業課題] [リアクションペーパー]

・2018/10/17:第3回 HADを用いたデータ分析技術の習得 (2) 推測統計

・2018/10/24:第4回 ウェブ調査の方法論と調査技術の習得(Googleフォームを用いた演習)

・2018/10/31:第5回 先端調査技術の習得

・2018/11/07:第6回 仮説の構築 (1) 疑問から仮説へ

・2018/11/14:第7回 仮説の構築 (2) 先行研究を踏まえた仮説の改良,中間発表会

・2018/11/21:第8回 仮説を質問項目に置き換える・調査倫理

・2018/11/28:第9回 予備調査を踏まえた調査票の改良 (1) 妥当性と信頼性

・2018/12/05:第10回 予備調査を踏まえた調査票の改良 (2) 因子分析

・2018/12/12:第11回 調査票の完成

・2018/12/19:第12回 コーディングと統計的処理

・2019/01/09:第13回 ※補講日 調査報告書の作成に向けて

・2019/01/16:第14回 成果報告会 (1)

・2019/01/23:第15回 成果報告会 (2),まとめ

  

■授業のテーマ・目標
私たちは他者を必要とし,他者から大きな影響を受けます。他者とともにある「心」を調べる学問である社会心理学には,実験・調査・観察・インタビュー等のさまざまな「調べる」ための技法がありますが,本講義ではその中でも「調査」の手法を学びます。自分たちの興味のあるテーマを選び,問題意識・仮説を設定し,調査票の作成・実施・集計・分析,および成果の報告会を行います。また,ウェブ調査,テキストマイニング,経験サンプリング法,Pythonを利用したSNSデータの自動収集などの最先端の調査技法の習得も,受講生の可能な範囲で目指します。

 

■授業における到達目標

身の周りを含めた「社会」で起こっていること・行われていることを把握するためのツールとして,社会調査を使えるようになるための知識・技術・自信をつけ,水準の高いITスキルを習得する(研鑽力)。また,自らの感情をコントロールして他者と協力しながら一つの目的(調査)に向けて作業する能力を身につける(協働力)。

 

■事前・事後学習
◆事前学修:指示された文献に目を通しておくこと。(学修時間=週2時間)
◆事後学修:配布資料等をもとに,授業で扱った調査の手続きや分析の方法について復習し,指示された課題を完成させること。(学修時間=週2時間)
◆フィードバックはメーリングリストを通じて行う。

 
■テキスト・教材
配付資料を主に用いる。

 

■参考書
『質問紙調査と心理測定尺度』(サイエンス社)
『心理学マニュアル 質問紙法』(北大路書房)
『社会調査のための計量テキスト分析』(ナカニシヤ出版)

 

■成績評価の方法・基準
 ◆平常点:40%

(毎回の実習に積極的に取り組んでいるかどうか、課題の提出状況と完成度)

 ◆学期末のレポート(成果報告書):40%

(実習によって得られたデータを用いた調査研究の報告書を全員に1本提出してもらう。フィードバックは授業用メーリングリストを通じて行う。)

 ◆グループ内での業務担当度20%

(各人のグループ内での貢献度を,グループの合計が100になる形で学期末に申告してもらい,それを成績評価に用いる。)

 
■注意事項
グループ単位での活動が多いので遅刻せず出席することを求める。

  •   •   •   •   •
2018/09/22 by Gen

実践女子大学 2018年度(後期)社会心理学1 授業用HP

[最終更新日 2018/10/09]

◆Googleにクロールされたくない配布資料を公開する場合は,以下の場所から配布する。

http://genito.net/?p=2615

 

◆質問がある場合は以下のメールアドレスまで。

m@genito.net

 

■授業日程と講義関連資料

・2018/10/03:第1回 ガイダンス・受講上の注意・社会心理学とは [リアクションペーパー]

・2018/10/10:第2回 社会心理学の視点 [リアクションペーパー]

・2018/10/17:第3回 社会的認知

・2018/10/24:第4回 自己

・2018/10/31:第5回 態度と態度変化

・2018/11/07:第6回 社会的影響

・2018/11/14:第7回 個人の心理過程・対人的な過程

・2018/11/21:第8回 魅力と対人関係

・2018/11/28:第9回 援助と攻撃

・2018/12/05:第10回 集団・集合に関する過程

・2018/12/12:第11回 集団と個人

・2018/12/19:第12回 マスコミュニケーション

・2019/01/09:第13回 ※補講日 社会の中の個人、ミクロな視点とマクロな視点

・2019/01/16:第14回 社会神経科学

・2019/01/23:第15回 まとめ(期末テスト)

 

  

■授業のテーマ・目標
私たちは何よりもまず動物から進化した生物学的な存在ですが,どのように考えるかに応じて行動を変化させることもできる心理学的な存在であり,また他者の存在や時代・文化などから避けがたい影響を受ける社会的な存在でもあります。この講義では私たちの心の社会的な側面――他者とともにある心――に主な焦点を当てます。社会心理学的知見を自らの出来事として体験してもらうためにリアルタイムで参加できる授業中の実験や調査などは随時行いますが,理論的背景の説明を含めてハードな講義を志向しますので,社会心理学を本気で学ぶ意欲がある生徒を歓迎します。本講義では社会心理学1で学んだ内容をさらに深めます。

 

■授業における到達目標

社会心理学的の基本的な知見や理論の内容を理解し自らの経験として体感する(美の探求)。そして,自らの生活,自らの人生における課題を社会心理学の道具立てを通じて捉え直すことができるようになる(研鑽力)。そのことを通じて,自らの生活上の課題をよりよく解決できるようになる(行動力)。

 

■事前・事後学習
【事前学修】日頃から、授業の内容について、身のまわりの生活と関連させながら、自分なりに考えてみましょう(学修時間 週2時間)
【事後学修】授業で習った内容は、身の回りの生活にどのようにあてはまるでしょうか。自分なりに考えてみましょう(学修時間 週2時間)

 
■テキスト・教材

適宜指示する。

 
■成績評価の方法・基準とフィードバック
授業への取り組み(50%)、定期試験(50%)で評価する。
取り組めていた点やつまずきがちだった点についてフィードバックを行う。

  •   •   •   •   •
2018/09/22 by Gen

保護中: 実践女子大学 2018年度(後期)非公開の配付資料置き場

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  •   •   •   •   •
2018/09/22 by Gen

実践女子大学 2018年度(後期)心理学概説2 授業用HP

[最終更新日 2018/10/09]

◆Googleにクロールされたくない配布資料を公開する場合は,以下の場所から配布する。

http://genito.net/?p=2615

 

◆質問がある場合は以下のメールアドレスまで。

m@genito.net

■その他のリンク

respon(スマホアプリ)の初期設定方法

・responのインストール [iPhoneの人]  [Androidの人]

manaba.jissen.ac.jp

 

■授業日程と講義関連資料

・2018/10/03:第1回 ガイダンス・学習 (2) [リアクションペーパー]

・2018/10/10:第2回 記憶 (1):記憶の仕組み [リアクションペーパー]

・2018/10/17:第3回 記憶 (2):記憶の流動性

・2018/10/24:第4回 思考の仕組み(思考・言語)

・2018/10/31:第5回 知能

・2018/11/07:第6回 動機づけ (1):食と性に関する動機づけ

・2018/11/14:第7回 動機づけ (2):動機づけの理論

・2018/11/21:第8回 感情とはなにか?(感情心理学)

・2018/11/28:第9回 幸せになるには?(ポジティブ心理学)

・2018/12/05:第10回 人によって異なる心(パーソナリティ心理学)

・2018/12/12:第11回 他者に左右される心(社会心理学1)

・2018/12/19:第12回 社会に埋め込まれた心(社会心理学2)

・2019/01/09:第13回 ※補講日 メンタルヘルス(臨床心理学1)

・2019/01/16:第14回 精神疾患とセラピー

・2019/01/23:第15回 まとめ(期末テスト)

  

■授業のテーマ・目標
この授業では,アメリカをはじめ多くの国の心理学概説の講義で標準的に用いられるテキストである『マイヤーズ心理学』にもとづいて,心理学の基礎知識を活き活きと学びます。心理学についての知識や理論をいわゆる「お勉強」として味気なく学ぶのではなく1. 授業中のミニ実験やリアルタイム調査を通じて心理学的知識を自分自身の経験として体感し,また2. 心理学の知識や理論が当てはまる自分の日常生活での経験を繰り返し思い出してもらうことを通じて,心理学のレンズを通せば私たちの日常経験や生活を新鮮な形で捉え直せる驚きを伝える授業を目指します。その中で,心理学に関する基礎的な知識を体系的に身につけてください。

 

■授業における到達目標

私たちが動物から進化した生物学的な存在であること,しかしどのように考えるかに応じて行動を変化させることもできる心理学的な存在であること,また他者の存在や時代・文化などから避けがたい影響を受ける社会的な存在であることを理解し,自らの経験として体感する(美の探究)。そして,自己や他者の「心」について根拠がある形で考えようとしたとき,つねに【生物-心理-社会】の3つの視点から考えられるようになり,自らの人生における課題を心理学の道具立てを通じて捉え直すことができるようになる(研鑽力)。

 

■事前・事後学習
◆事前学修:教科書の熟読(全員)。教科書を発表可能な形でプレゼンテーション形式でまとめ準備すること(指定された発表者)
◆事後学修:公開された試験問題を解けるようにする(全員)。小テストのための教科書の復習(全員)。授業時間外に実験や調査への参加,および動画の視聴を求めることがある(全員)

 
■テキスト・教材
『カラー版マイヤーズ心理学』(マイヤーズ著・村上郁也監訳・西村書店,2015)定価10,260円

 
■成績評価の方法・基準とフィードバック
 ◆試験70%(試験の回答について,誤答が頻出したポイントについてメーリングリストを通じたフィードバックを行う)
 ◆授業への取り組み30%
(授業内での発表・授業内での発言・提出物や小テストによる予習復習の確認・実験や調査への参加・事前の動画視聴)

 
■注意事項
毎回その講義の範囲内の試験問題を公開するので必ず復習してください。また指示に従って各回の授業に必要な事前準備・予習を行うよう注意してください。これらを行っているかぎり,単位を取得できるよう配慮します。慣れないうちは大変かもしれませんが,一緒に歩んでいきましょう。心理学概説1の履修を必修とします。

  •   •   •   •   •
2018/09/10 by Gen

保護中: 帝京大学 2018年度(後期)消費者行動論Ⅱ 配付資料置き場

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  •   •   •   •   •
2018/09/10 by Gen

帝京大学 2018年度(後期)消費者行動論Ⅱ 授業用HP

[最終更新日 2018/09/16]

◆Googleにクロールされたくない配布資料を公開する場合は,以下の場所から配布する。

http://genito.net/?p=2591

 

◆講義シラバス

・2018/09/10 第1回講義 ガイダンス [リアクションペーパー]

・2018/09/17 第2回講義 説得的コミュニケーション1 [リアクションペーパー]

・2018/10/15 第3回講義 説得的コミュニケーション2 [リアクションペーパー]

  •   •   •   •   •