伊藤言の研究・教育活動について
2012/10/06 by Gen

多摩美術大学「色彩論」第20回講義の受講生の方へ

 

 本日はお疲れさまでした。お約束しました通り、講義で用いたスライドをアップロードします。passwordは教室でお伝えしたとおりです。

https://dl.dropbox.com/u/71844/tamabi_lecture.pdf

 

※本日講義のあとに「卓越した創造を行う芸術家にはネガティブ気質な人の方が多いのではないか」と質問に来てくださった方へ

 的を射た回答をその場でできずにすみませんでした。こちらのスライドもあわせてご覧ください(passwordは同様)。こちらのスライドでいえば、ネガティブ感情を抱きやすい人には「行為の維持を困難にするきっかけ」(スライド22枚目)が起こりやすいのではないかと考えています(例:自分の作品に納得できない。満足できない。人の批評が気になる。苦しみから逃れたい etc)。何か疑問な点等ありましたらお気軽にメールください。

https://dl.dropbox.com/u/71844/tamabi_supplementary.pdf

 

  •   •   •   •   •
2012/10/03 by Gen

東京大学 2012年度実験演習2部3部 高次認知 第3クール 授業用HP

 

[2012/10/26更新]

 

■連絡事項

次回の講読予定文献(李さん担当分)が変更になったので注意してください。

 

■授業予定日

10/5, 10/12, 10/19, 10/26, 11/02, 11/09

 

■講義に関するファイル

・第1回講義で用いたスライドです。passwordは教室番号です。

https://dl.dropbox.com/u/71844/lecture1.pdf

効果量を簡単に計算できるExcelマクロ

効果量はこのマクロを使えばかんたんに計算できるのでぜひ利用してみてください。パスワードは教室番号です。

 

■実験ブースの予約状況(実験演習以外の方の利用状況も含む)

10/11(木)13:00~14:00 実験演習以外の利用

10/13(土)15:00~16:00 実験演習以外の利用

10/15(月)18:30~19:30 実験演習以外の利用

10/18(木)10:00~11:00 小林さん

10/18(木)13:00~14:00 実験演習以外の利用

10/18(木)16:00~17:00 細川くん

10/19(金)16:00~17:00 細川くん

10/20(土)14:00~15:00 隅田くん

10/21(日)10:00~11:00 細川くん

10/22(月)09:30~10:30 細川くん

10/22(月)13:00~14:00 小林さん

10/22(月)16:40~17:40 小林さん

10/22(月)18:00~19:00 隅田くん

10/23(火)09:00~10:00 細川くん

10/23(火)10:00~11:00 金沢さん

10/23(火)11:00~12:00 金沢さん

10/23(火)13:00~14:00 小林さん

10/23(火)14:00~15:00 今井くん

10/23(火)15:00~16:00 今井くん

10/23(火)16:00~17:00 今井くん

10/23(火)18:30~19:30 隅田くん

10/24(水)12:00~13:00 今井くん

10/24(水)15:00~16:00 隅田くん

10/24(水)17:00~18:00 金沢さん

10/24(水)18:00~19:00 金沢さん

 

■講読予定文献

・Smith, E.R., & Branscombe, N.R. (1987). Procedurally mediated social inferences: The case of category accessibility effects. Journal of Experimental Social Psychology, 23, 361-382.

・Greenberg, J., Arndt, J., Simon, L., Pyszczynski, T., & Solomon, S. (2000). Proximal and Distal Defenses in Response to Reminders of One’s Mortality: Evidence of a Temporal Sequence. Personality and Social Psychology Bulletin, 26, 91-99.

・Hanif, A., Ferrey, A.E., Frischen, A., Pozzobon, K., Eastwood, J.D., Smilek, D., & Fenske, M.J. (2012). Manipulations of attention enhance self-regulation. Acta Psychologica, 139, 104-110.(小林さん)

・McGraw, A.P., & Warren, C. (2010). Benign Violations. Psychological Science, 21, 1141-1149.(隅田くん)

・Maglio, S.J., & Trope, Y. (2012). Disembodiment: Abstract construal attenuates the influence of contextual bodily state in judgment. Journal of Experimental Psychology: General, 141, 211-216. (金沢さん)

・Perfect, T.J., Weston, N.J., Dennis, I., & Snell, A. (2008). The effects of precedence on Navon-induced processing bias in face recognition. The Quarterly Journal of Experimental Psychology, 61, 1479-1486.(李さん)

 

  •   •   •   •   •