伊藤言の研究・教育活動について
2018/05/08 by Gen

2018年度の研究発表予定

[最終更新日 2018/05/18]

2018年度の研究発表予定について随時情報の掲載を行います。

◆日本社会心理学会第59回大会(2018/8/28-8/29,追手門学院大学)

伊藤言. 図形の動きに意図を見いだす人は著名人・ブランドのファンになりやすい―エージェンシー探知傾向と人(著名人)・物(ブランド)に対するファン性の関連の検討 [JSSP2018発表原稿].(口頭発表予定)

 

◆日本心理学会第82回大会(2018/9/25-9/27,東北大学)

伊藤言. 他者に理解されたという感覚を促進するには?――2者間ペアデザインによる,解釈レベルの観点からの検討―― [JPA2018発表原稿].(ポスター発表予定)

  •   •   •   •   •
2018/05/02 by Gen

資料を掲載した各種ページへのリンク

[Last Update: 2018/05/02]

心理学ワールド クラウドソーシング特集 『日本の研究者がクラウドソーシングを使いこなすには』関連資料

日本社会心理学会 春の方法論セミナー (2018) 経験サンプリングのレクチャーの関連資料

日本心理学会 (2017) 明日からできる経験サンプリング法ー効率的なデータ収集と洗練した解析で移ろう心を描き出すーの関連資料

  •   •   •   •   •