伊藤言の研究・教育活動について
2020/05/31 by Gen

イデアラボから所属先が変わります

2020年5月末で株式会社イデアラボを退職し,6月よりグローバルなコンサルティングファームに転籍します(※所属先の公開は所属先の情報公開に関する承認プロセスが完了するまで控えます)。

イデアラボを通じて心理学を活用した様々なコンサルティングをさせていただいている中で,誰かがやりたいことに対して心理学的な知見や実証にもとづいて精緻化する価値を提供するよりも,やりたいこと自体を定義するという,心理学や実証に至る前段階を含めた大きな物語(ground picture)を描きたい,すなわちより(戦略)コンサルティングに寄せた仕事がしたいという実感が強くなったことが大きな理由です。

「ナッジ」提唱者のセイラー教授のノーベル賞受賞をマイルストーンとして,行動科学が政策やビジネスで活用される流れが強まっていますが,狭義のナッジに限定せずに,行動科学全体の知見を活かして行動変容をデザインすべきではないかなど,様々な場面でもどかしく感じることがあります。

【行動科学でより良い社会を作る】という命題に腰を据えて取り組む予定です。行動科学にもとづいた社会ルールやシステム構築,ナッジに限らない行動変容を社会課題とした社会実証事業の企図,政策提言,その他民間企業へのコンサルティング業務に幅広く関与していく予定ですので,引き続き,研究でもありコンサルティングでもある活動を続けたいと考えています。

行動科学の社会的応用や行動変容についてはLinkedinのブログにて継続的に情報発信をしていく予定です。もしよろしければご覧ください。

 

今後も引き続き,何卒よろしくお願いいたします。

  •   •   •   •   •