伊藤言の研究・教育活動について
2019/09/19 by Gen

2019年現在,日本で経験サンプリング法(ESM)を用いた研究をいかに実施するか

[2019/10/07最終更新]

【宣伝】

  • 所属するイデアラボを通じてプロのエンジニアの方と経験サンプリング法の研究システム(調査者向けWebインターフェース+参加者向けスマホアプリ)を開発中です。
    • ESMにかけてESpecially Meと名付けています。
    • 現状,参加者向けスマホアプリがAndroidのみの対応となり,動作に不安定さが残るため非公開のα版ですが,数ヶ月中にiOSも対応して一般公開するβ版を完成させるよう動いていますので,よろしければチェックしてください(なお,安定動作が保証できないのでα版の研究利用は非推奨です)  http://esm.life/
    • また,ESpecially Meのブログページの記事も執筆しており記事を増やしていきますので,よろしければあわせてチェックしてください。 http://esm.life/blog
    • アプリは継続的にアップデート予定で,ゆくゆくはスマホのセンサーデータと連動させる機能を実装する予定も開発のロードマップに入っています。ESpecially MeのシステムはAWS (Amazon Web Service) などをフル活用したクラウド構成で,これからの発展性を備えており,個人的にもわくわくしています。
  • 私が主に経験サンプリング法の概念的な解説を,産総研の坂本次郎先生が主に経験サンプリング法から得たデータの統計解析手法について解説し,共著でESMの方法論についての日本語書籍をちとせプレス社より発売予定です(2020年1月出版目処)

 

【本論】

今年(2019年)の日本心理学会に参加して色々な方々とお話ししていて,経験サンプリング法(ESM)に対するニーズは高いものの,実施のハードルは依然高いままであることを実感しました。

(…余談ですが,2019年の日本心理学会では抄録で確認する限りESMを用いた研究が3件しかなかったようです。もっとも,シンポジウムで紹介された研究では,嗜好品がwellbeingに与える影響に関する3,000名規模(×2週間)の研究も報告されていたようですが…)

これまでブログ記事日本心理学会でのシンポジウム日本社会心理学会での方法論セミナーなどを通じて「Paco」というフリーのアプリを推奨してきたのですが,Pacoの開発は事実上ストップに近い形になっており(iOS版のアプリが2017年4月,Android版のアプリが2018年8月の最終更新),使ってみたがエラーが出たなど安定しない挙動に対する不満の声,安定しないので使えないなどの声をしばしば耳にしました。スマホのOSはつねにアップデートされていきますので,ESMシステムの開発のストップやスローダウンはエラーが生じる可能性を高めてしまいます。

そこで現状,どうするのが最良と考えるかについて,以下に改めて整理しておきます。

まず,無料で使える経験サンプリング法のアプリとサービスをサーベイします。(PIEL Surveyというシステムを推します)

その後,有料の経験サンプリング法のアプリとサービスをサーベイします。(Harvest Your Dataというシステムを推します)

PIEL Surveyについては使い方も含めて以下に詳しく解説しました。

Read the rest of this entry »

  •   •   •   •   •
2019/09/16 by Gen

2019年度の研究発表予定

[最終更新日 2019/08/08]

2019年度の研究発表予定について随時情報の掲載を行います。

 

気候変動・省エネルギー行動会議(BECC Japan 2019)(2019/8/23,東京大学生産技術研究所)

伊藤 言(株式会社イデアラボ)・市川 玲子(株式会社イデアラボ)・澤井 大樹(株式会社イデアラボ)・三浦 輝久(電力中央研究所)・服部 俊一 (電力中央研究所)・伊原 克将(デロイト トーマツ コンサルティング)・杉山 麻依子(デロイト トーマツ コンサルティング). 大規模アンケートを通じた、省エネ意識・行動と関連する心理的・社会的個人差の検討及びクラスタリング (ポスター発表予定)

・市川 玲子(株式会社イデアラボ)・伊藤 言(株式会社イデアラボ)・澤井 大樹(株式会社イデアラボ)・三浦 輝久(電力中央研究所)・服部 俊一(電力中央研究所)・伊藤 千加(凸版印刷)・佐藤 洋介(凸版印刷)・大谷 智子(凸版印刷)・杉山 麻依子(デロイトトーマツコンサルティング). 心理的個人差によるクラスタリングと省エネ行動への介入効果との関連(ポスター発表予定)

 

 

日本心理学会第83回大会(2019/9/11-9/13,立命館大学)

#ポスター発表

伊藤 言(株式会社イデアラボ)・市川 玲子(株式会社イデアラボ)・澤井 大樹(株式会社イデアラボ). 省エネ意識・行動の個人差と関連する心理学的要因――日本人10,000人を対象とした大規模Web調査データからの検討――(ポスター発表予定)

 

#公募シンポジウム(企画代表者)

・【企画】伊藤 言(株式会社イデアラボ)・市川 玲子(株式会社イデアラボ)・澤井 大樹(株式会社イデアラボ),【司会】澤井 大樹,【話題提供】丹野 貴行(明星大学)・八重樫 勇介(株式会社Millreef)・中村 早希(関西学院大学大学院)・市川 玲子,【指定討論】澤 幸祐(専修大学).

産業・政策決定の領域で必要とされる心理学:行動変容 (behavior change)に関する基礎と応用をつなぐアプローチ

  • 誰かの行動をより望ましいと想定される方向に変容させる行動変容 (behavior change) の技法についての知見を,心理学や行動科学は長い間蓄積してきた。臨床心理学や医学・保健領域においては,行動変容に対するニーズが明確であり,これまで実際に多数の研究知見が積み重ねられてきた。その一方で,産業・政策決定の領域においては,行動変容の技法に対する潜在的ニーズは高いものの,心理学や行動科学の知見を活用した取り組みは少なく,またそれらをいかに活用しうるかについてのノウハウが蓄積されていない。本シンポジウムでは,行動変容の基礎的な研究(行動分析学・社会心理学)に関する話題提供と,行動変容に関する心理学の知見を産業・政策決定の領域に活用した取り組みに関する話題提供を通じて,行動変容についての心理学的知見を産業・政策決定の領域で活用する際の諸問題を議論し,今後の展開について議論する。
  •   •   •   •   •
2018/10/08 by Gen

[随時更新] スマホのESMデータとセンサーデータからいかに心を推定するか

経験サンプリング法とmobile sensingに関する書籍を執筆中なので,サーベイした最近の研究について備忘録としてメモをしていきます。

  • Place, S., Blanch-Hartigan, D., Rubin, C., Gorrostieta, C., Mead, C., Kane, J., Marx, B. P., Feast, J., Deckersbach, T., Pentland, A. S., Nierenberg, A., & Azarbayejani, A. (2017). Behavioral Indicators on a Mobile Sensing Platform Predict Clinically Validated Psychiatric Symptoms of Mood and Anxiety Disorders. Journal of Medical Internet Research, 19, e75.
    • スマホで測定したセンサーデータから抑うつとPTSDの症状を予測可能
    • 測定したセンサーデータは,以下のものの合成値:どれだけ電話をかけたか,テキストメッセージ数,移動距離,声の大きさの分散,会話の速度,声の質

 

  • Harari, G. M., Gosling, S. D., Wang, R., Chen, F., Chen, Z., & Campbell, A. T. (2017). Patterns of behavior change in students over an academic term: A preliminary study of activity and sociability behaviors using smartphone sensing methods. Computers in Human Behavior, 67, 129-138.
    • 48人の大学生をStudentLifeという作ったアプリで10週間追跡
    • 日々の活動量(加速度系センサーで測定)と社会性(マイクセンサーで測定)がどう変動するかを解明

 

  • Stachl, C., Hilbert, S., Au, J.-Q., Buschek, D., De Luca, A., Bischl, B., Hussmann, H., Bühner, M., & Wrzus, C. (2017). Personality Traits Predict Smartphone Usage. European Journal of Personality, 31, 701-722.
    • 137名が参加。90分間の尺度回答⇒60日間のmobile sensing。
    • 尺度で測定したパーソナリティ特性は,その後60日間のスマホの利用ログ(communication, photography, gaming, transportation and entertainment)を予測した。
      • 外向性が高い⇒電話頻度が多い・よく写真アプリを使う
      • 協調性が高い⇒交通系アプリの利用頻度が高い(自分から相手先に出向きやすい)
      • 誠実性が高い⇒ゲームアプリをあまり利用しない
      • 開放性と神経症傾向⇒結びつくスマホ使用履歴は特になし
  •   •   •   •   •
2018/05/08 by Gen

2018年度の研究発表予定

[最終更新日 2018/05/18]

2018年度の研究発表予定について随時情報の掲載を行います。

◆日本社会心理学会第59回大会(2018/8/28-8/29,追手門学院大学)

伊藤言. 図形の動きに意図を見いだす人は著名人・ブランドのファンになりやすい―エージェンシー探知傾向と人(著名人)・物(ブランド)に対するファン性の関連の検討 [JSSP2018発表原稿].(口頭発表予定)

 

◆日本心理学会第82回大会(2018/9/25-9/27,東北大学)

伊藤言. 他者に理解されたという感覚を促進するには?――2者間ペアデザインによる,解釈レベルの観点からの検討―― [JPA2018発表原稿].(ポスター発表予定)

  •   •   •   •   •
2018/05/02 by Gen

資料を掲載した各種ページへのリンク

[Last Update: 2018/05/02]

心理学ワールド クラウドソーシング特集 『日本の研究者がクラウドソーシングを使いこなすには』関連資料

日本社会心理学会 春の方法論セミナー (2018) 経験サンプリングのレクチャーの関連資料

日本心理学会 (2017) 明日からできる経験サンプリング法ー効率的なデータ収集と洗練した解析で移ろう心を描き出すーの関連資料

  •   •   •   •   •
2018/04/23 by Gen

心理学ワールド クラウドソーシング特集 『日本の研究者がクラウドソーシングを使いこなすには』関連資料

[最終更新日 2018/08/24:PsyToolkitとInquisit Webの項目に追記]

「心理学ワールド」82号の小特集「クラウドソーシング─心理学データの新しい姿」における拙稿,『日本の研究者がクラウドソーシングを使いこなすには』において紹介したサービスやサイトなどへのリンクを,拙稿における紹介順序で以下にまとめておきます。よろしければご利用ください。

伊藤言 (2018). 日本の研究者がクラウドソーシングを使いこなすには, 心理学ワールド, 82, 27-28.

 

 

Amazon Mechanical Turk

表示言語を英語に設定しないと,タスクを発注することができないのでご注意ください。なお,タスクを発注するには,AWS(Amazon Web Service)のアカウント作成が必要です。

 

ランサーズ

日本のクラウドソーシング・サービス大手です。

 

クラウドワークス

日本のクラウドソーシング・サービス大手です。

 

◆PACO

経験サンプリング法を実施できるフリーのアプリです。PACOについては日本社会心理学会春の方法論セミナー(2018)において詳細な説明を行いましたので,よろしければ併せてご覧ください。

 

PsyToolKit

心理学ワールドの記事で紹介したPsyToolKit以外にも、jsPsychscriptingRTもしばしば反応時間を測定するような認知的な心理学オンライン実験で用いられます(そのほかにpsiturkのようなサービスもあります)。なお、認知的な実験課題をWeb上で実施する上では、Stewart et al. (TiCS, 2017) の一読もおすすめします。認知的なWeb実験を実施するに当たってのより詳細なtipsについては、Woods et al. (2015)のtutorial reviewもご一読ください。

 

Inquisit Web

PsyToolKitなどはブラウザ上でそのまま動く心理学実験を作成するためのものです(javascriptやHTML5を利用)。それに対し、Inquisit Webはプラグインのインストールを参加者に求め、ブラウザとは無関係にプラグインを動作させて心理学実験を立ち上げます。

ブラウザ型の心理学実験よりもRTの測定精度はInquisit Webの方が高いでしょうが、しかしms単位の測定誤差はあまり気にする必要もないという議論もあります(サンプル数を増やせば測定誤差の影響を小さくできるのと、参加者内デザインの場合は測定誤差は全条件に等しくバイアスをかけるので意味を持たないから;Stewart et al. (TiCS, 2017) を参照)

 

◆Pythonを利用したWeb実験

いくつかのサービスをまずは参照されると良いでしょう。

Expyriment: 認知心理学・神経科学用の無料のライブラリ

oTree: 社会科学の研究者向けのライブラリ

PyEPL

PsychoPy

 

Googleフォーム

・もっとも代表的な無料のオンライン調査作成サイト

 

Qualtrics

・有料だが高機能なオンライン調査作成サイト。大学など研究機関単位でライセンス契約をしている場合が多いので,利用可能かまずはご確認されることをお勧めします。

 

SurveyMonkey

 

FastAsk

 

アンとケイト

 

CrowdFlower

現在はFigureEightという名称に変更されているようです。

 

TurkPrime

 

Prolific

 

◆Waterloo大学のクラウドソーシングを用いた研究を行う際のガイドライン

ホームページにおける総合的な解説

倫理的なガイドラインに関する解説

 

◆その他,クラウドソーシングを実践する際に役立つサイト等

実践 Amazon Mechanical Turk(長谷川彩子さん)

  •   •   •   •   •
2018/03/20 by Gen

日本社会心理学会 春の方法論セミナー (2018) 経験サンプリングのレクチャーの関連資料

◆経験サンプリング法について2019年9月に執筆したこちらの記事もぜひご覧ください。2019年現在,日本で経験サンプリング法(ESM)を用いた研究をいかに実施するか

 

[最終更新日 2018/03/22]

 

発表スライドはこちら

・印刷の都合上,詳細な引用文献欄はスライドでは省略させていただきました。

レファレンスはこちらをご覧いただけますと幸いです。

・ご来場いただきました皆様,どうもありがとうございました。後日,方法論セミナーの公式サイトにおいて録画映像のYoutubeにおける公開があるかと思いますので,ご興味のある方は今しばらくお待ちください。

 

■関連資料

・分析の際に使用したKane et al. (2017, Psychol Sci)のオープンデータ

・以下のものも必要に応じてご参照ください。

以前書いたPACOに関する記事

日本心理学会 (2017)「明日からできる経験サンプリング法ー効率的なデータ収集と洗練した解析で移ろう心を描き出すー」における発表資料

参加者リクルーティングのビラのサンプル

 

 

◆PACOの操作方法・インストール方法を日本語で説明した資料が欲しい

 PACOを用いた経験サンプリング研究の終了後に公開しました。これは,PACOの開発者の方が公開されている配布用マニュアルを日本語化したものです。ご自身の研究に合わせて改変してご使用ください。パワーポイントファイルです。

iPhoneを利用している人向けのマニュアル

Androidを利用している人向けのマニュアル

 

 

■PACOのサンプルが見たい

 PACOをインストールした後に、 m@genito.net まで「PACOサンプル希望」とメールの件名に書いて送信してください(かならずGoogleアカウントのメールアドレス(@gmail.com等)でメールを送ってください。本文は空欄で結構です)。こちらがお送りいただいたメールアドレスをPACOのサーバーに登録すると、PACOのサーバーに登録してある経験サンプリングのサンプルをご覧いただけます。

 

  •   •   •   •   •